ほたるの里|医療法人社団幸悠会

  • HOME
  • 多機能型支援施設 ほたるの里

〒198-0052 東京都青梅市長淵5丁目1086番地
TEL:0428-25-1200  FAX:0428-25-0878
E-mail:
hotaru@kouyukai1968.or.jp

多機能型支援施設 ほたるの里の特徴

宿泊型訓練・通所型訓練・短期入所
相談支援事業所
精神障害を持つ方の地域生活を支える施設です。

お知らせ

平成29年10月3日 ホームページをリニューアルいたしました。

ごあいさつ

ほたるの里は、1997年8月1日に精神障害の生活訓練施設として開所しました。地域に開かれた施設として、多くの方々に支えて頂きながら20年を迎えることが出来ました。当施設は、法人の社会復帰への取り組みとして、精神障害の方々が安定した自立生活を送るために地域と病院の中間施設として産声を上げました。精神科病院の多い地区での存在意義は高く、法人のみならず、近隣の精神科病院からもご利用頂き、たくさんの方々の地域移行のお手伝いをさせて頂くことが出来ました。2006年に障害者自立支援法が施行され旧法からこの新法に則った施設への移行が必要となり、2011年に無事移行が出来、現在のサービス(通所生活訓練・宿泊型生活訓練・短期入所)となりました。地域に根差し、他機関とのネットワークを作りながら、社会復帰の促進をして行きたいと努力しておりますので、宜しくお願い致します。

施設案内

施設名 多機能型支援施設 ほたるの里
所在地 〒198-0052
東京都青梅市長淵5丁目1086番
施設長 中田 京子
TEL 0428-25-1200
自立訓練    20名
宿泊型自立訓練 20名
短所入所     2名

設備…ホール・キッチン・相談室・居室・浴室・静養室 など
  • image

  • image

  • image

サービス内容
1. 自立訓練(通所生活訓練)
2. 宿泊型自立訓練(生活訓練)
3. 短期入所
4. 計画相談支援
5. 地域相談支援
短期入所サービス(ショートステイ)について
当施設は障害者総合支援法の短期入所サービスの指定を受けております。介護者不在や休養等の目的で利用できます。利用できる方は障害者総合支援法の受給者証をお持ちの方です。詳しくは当施設または市区町村窓口にお問い合わせください。
image
                    ショートステイ棟(短期入所)
生活訓練・宿泊型生活訓練について
当施設のサービスは、生活訓練と宿泊型生活訓練を組み合わせて利用する方法と生活訓練を通所して利用する方法がございます。利用するには、障害者総合支援法・訓練等給付の支給決定が必要です。詳しくは当施設または市区町村窓口にお問い合わせください。

利用案内

自立した生活をするための生活技術・地域社会と繋がりを持って生活する方法を訓練致します。
自立訓練(通所)と宿泊型自立訓練を組み合わせての利用も可能です。

[内容]
個別訓練計画に基づき生活訓練プログラムと個別指導を合わせて実施します。

[訓練期間]
2年~3年

[宿泊型利用料]
光熱水道実費、レクリエーション費用 など
(その他にご本人様の生活費として6万円程必要とします)
利用条件
1.主治医の許可・家族の了解があること。
2.精神科・診療内科に入院、通院していること。
3.自立への意欲があること
4.入浴、排泄、階段の昇降が一人で出来ること
5.障害者総合支援法の受給者証が必要です
申込方法

1.主治医等に相談
2.施設見学
3.利用申込書類一式を提出(主治医と支援者が記入)
4.書類審査
5.体験利用(通所または宿泊)
6.利用開始
短期入所
介護者不在時・休養目的での利用ができます。
[対象]
精神科・心療内科に通院して安定し、障害者総合支援法の受給者証をお持ちの方
お気軽にお電話にてお問い合わせ下さい。各サービスについてご案内します。
相談・見学も随時お受けしています。
  • image

    市役所内作品展示会

  • image

    就労準備プログラムの作品

アクセスマップ

鈴木慈光病院の送迎バスが利用できます

送迎バスをご利用する場合は、鈴木慈光病院の交通アクセスをご覧ください
ページ先頭へ戻る