医療法人社団幸悠会

image

鈴木慈光病院

スタッフ紹介

【診療部】副院長 西田 慎吾

image 精神科医療は各部署のチームワークが大切であることを改めて痛感しています。
我々、医療関係者が一番大切にしなければいけないことは、ただ患者様の病状を改善させるということだけではなく、患者様やそのご家族に寄り添いながら、患者さまやそのご家族の人生がより良いものとなるように真摯に患者様に向き合い、我々ができうる限りの最善を尽くした医療を提供することだと考えます。そこには医療関係者である我々と、患者様やそのご家族とのしっかりとした信頼関係を築くだけではなく、病院内の各部署間で綿密に意思疎通を取りつつ、各部署で常に協力し合う体制を整えていくことで、組織としても患者様やそのご家族に信頼していただける病院となるように、樋口院長とともに鈴木慈光病院を作り上げていきたいと考えています。

【薬剤部】部長 加藤 剛

image 病院理念に基づき、チーム医療の一員として、医薬品についての情報提供、副作用や相互作用のモニタリングなどを行い、安全かつ適正で、より効果的なお薬を患者様に提供できるようにその役割を果たしていきます。そして、患者様には、薬剤管理指導(服薬指導)を通して、服薬の必要性を納得していただき、安心して服薬を継続していただきたいと考えています。「薬」については、最後まで責任を持って患者様に「寄り添う」ことのできる薬局でありたいと考えていますので、薬に関することでしたら、お気軽にお問合せ下さい。

【看護部】部長 杉田 恵

image 病院理念に基づき、人間尊重を基本として安全で安心できる環境を整え、質の高い
看護の提供に努めています。人としての優しさと思いやりを持ち、患者さま一人一人
と向き合い、心に寄り添う看護を目指しています。
退院支援、社会復帰に向けて長い時間をかけて患者さまと関わり、根気と愛情をもち、
患者さまの立場に立って考え、信頼関係を深め専門的知識や技術向上に努めております。

【看護部】副部長 橘高 香織(教育担当 精神科認定看護師)

image 看護部では全ての患者様が「自分らしい」人生を主体的に歩んで行けるようお手伝いさせていただきます。
そのために、患者様の不安や苦痛に寄り添いながら、ニーズに合った看護を提供すると共にストレングス(強み)に注目し支援することで、患者様が自信を獲得できるような看護を目指しています。
また、精神科認定看護師の役割である、<実践、相談、指導、知識の発展>の機能を活かして、精神科看護のスペシャリストを育成し、地域の方々と協働しながら、精神障がいを抱える方々が暮らしやすい地域医療を造ってまいりたいと思っております。

【総合支援部】部長 金成 透

【医事部】部長 比留間 麻子

【営繕部】部長 鬼頭 宏

ページ先頭へ戻る